薬剤師のよくある募集先の分類

薬剤師の資格を取得していれば、その転職先は多岐に渡ります。一般的には薬剤師資格を取得した場合には、調剤薬局やドラッグストア。また病院での薬剤師。また製薬会社などの企業薬剤師などが有名ですよね。

しかしながら、実際には、この4種類の募集分類だけではなく、もっと沢山の道が薬剤師には開けているのです。例えばCROです。CROとは、簡単に言ってしまえば、製薬会社が医薬品開発の為に行う治験業務を受託・代行する企業のことです。新薬の開発に治験作業は必ず必要になってくるものであり、それを専門の業者が代行するということなんですね。ここでも薬のスペシャリストである薬剤師の存在が必要になってくるわけです。

他にもCROと混同されることが多いのですが、SMOへの転職も、薬剤師の転職先として開かれている道です。SMOは、治験実施施設管理機関のことです。臨床試験は、製薬会社が医療機関と協力して実施する必要がありますが、CROは製薬企業の業務を支援するのに対して、SMOは、臨床試験を実施する医療機関を支援するのが業務となります。

行政機関への転職という道もあります。保健所や研究所、薬事情報センター、特殊なものであれば自衛隊薬務官であったり、麻薬取締官という道も、選択することが可能です。

他にも化粧品メーカーで働くというパターンもあります。化粧品の成分研究や、皮膚への影響や安全性の研究。化粧品の企画・開発。化粧品の品質管理。薬事申請の対応なども、主な業務になります。メーカーであれば、食品メーカーへの転職も期待できることでしょう。食物の安全性や食品添加物の成分分析や調査。食品の品質管理、食品の企画開発などが主な業務です。

学校薬剤師という道もあります。日本の学校は、学校保健法第16条にて大学以外の学校は学校薬剤師を置くと定められています。つまり幼稚園・小学校・中学校・高等学校には学校薬剤師を必ず置くことが法律によって定められているのです。こういった薬剤師のさまざまな転職先を知っているということだけで、随分と選択の道を広げることができるでしょう。それぞれにやりがいはあり、それぞれに身につけておかなければならないスキルというものも存在していますから、覚えておきましょう。

どんな募集先であれ今は転職しようと思えば転職サイトを使うのは不可避です。まあサイトはたくさんありますが大手の方が安心でしょうからリクルートグループが運営する、リクナビ薬剤師などを推奨しています。単純に求人数などを見ても他のサイトに優位性があります。


>>薬剤師の募集先をリアルタイムに検索するのであれば大手リクルートを使おう!<※無料><<

薬剤師の求人に強いサイトランキング!

リクナビ薬剤師

リクナビ薬剤師
  • ・リクルートグループの情報網を使っているから、多くの良質な転職案件が見つかります。
  • リクルートグループの信頼と実績は業界NO1!独自の非公開求人数も業界トップクラス
  • ・大手企業はもちろん、一般的にはマイナーである薬剤師の転職先も広くカバー。
  • ・90%以上の利用者が、「希望通りの転職先を見つけることができた」と回答しています。
  • 全国各地の企業とつながりがありスピード転職も可能。登録から最短3日で再就職可能。
  • 転職後の勤務条件や給与面の交渉は、全てリクナビのキャリアコンサルタントが代行
  • ・面接の日程調整や現職の退職手続きなども、キャリアコンサルタントが代行してくれます。
  • 35000件の圧倒的な求人数が魅力。もちろん業界ナンバーワンの所有数です。

詳細はこちら

マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師
  • ・厚生労働大臣認可の転職支援サービスサイトですから、安心して転職活動を任せられます。
  • ・人間関係や給与面の問題。そういった理由の転職でもよりよい転職先を探してくれます。
  • 96.4%の高い満足度が魅力。親切丁寧な対応は業界ナンバーワン!
  • 履歴書の書き方や面接時の対応のアドバイスまで、転職成功のためのノウハウが豊富。
  • ・全国各地に情報網を持っているため、素早い対応が魅力。早く転職したい方にもおすすめ。
  • ・登録直後から、即求人案内が送られてくる。メールはもちろん電話での相談もOK。
  • 調剤薬局やドラッグストアはもちろん、病院薬剤師の案件にも強い転職支援サイトです。
  • 薬剤師のな転職先を提供してくれるので将来像を描きやすく相談に乗ってくれるのが魅力。

詳細はこちら

ヤクジョ

ヤクジョ
  • ・設立してから間もないものの、独自の営業努力で、独自の転職案件が多数!
  • キャリア志向の薬剤師の仕事探しには最適なサイト。大手では扱っていない案件が魅力。
  • 転職に有利な業界情報から、職場環境の細かいところまで、情報提示量は業界NO.1。
  • ・妥協をしないというポリシーの元、転職活動を支援するから、離職率わずか1%の実績!
  • ・登録無料で転職後のアウターフォローも万全。コンサルタントの質の高さはNO.1。
  • ・小規模だからこそできる細かいサービスと徹底した情報収集能力。必ず満足できる案件が!
  • ・土曜・日曜・祝日・夜間でも、カウンセリングは空いた時間でOK。
  • ・エリア別、職種別、給与別など、希望条件が即座に検索可能な検索システムを採用。

詳細はこちら

効率的な薬剤師の募集先の探し方

転職活動を成功させるには、とにかく効率的に、募集案件を探すことが大事なことと言えるでしょう。そのためには、まず自分が目指す方向性というものをきっちりと決めておくことが大事になってきます。効率的に薬剤師の転職募集を探すポイントとしては、まず何を求めて転職をするのかということを決めておくことです。年収であるのか、住まいやエリアなどの部分を重要視するのか。仕事と家庭の両立化を図りたいから転職を考えているのか。

他にも病院で働きたいのか、ドラッグストアなどで働くのか、調剤薬局で働くのか、それとも製薬会社などで働くのか。これらによっても、探し方や身につけておくべきスキルなどが、まったく変わってくることになるのです。履歴書や職務経歴書。また退職をする前に身につけておくべきスキルや資格などなど。また職種によっては、なかなか世間に出回らない職種もありますから、こういったポイントをしっかりと整理しておき、自分が将来にどういった薬剤師になりたいかということを、明確化しておくことが大事なのです。

たとえば年収というものを重要視した場合には、生涯的にもっとも年収を稼ぎ出すと言われているのは、製薬会社の研究職の薬剤師や、営業の薬剤師だと言われていますから、どちらを選択するかによっても、まったく身につけておくべきスキルや、どういった媒体を使い募集情報を探せばいいのかは変わってきます。

製薬会社というひとつの狭い範囲での転職活動でも、これだけの差が出てくるわけですから、ただ漠然と自分が探している媒体の中から年収がいいものという転職先のリサーチの仕方をすると、後々に後悔することになるでしょう。結局転職活動は失敗と言わざるを得ませんね。

こういった事態を防ぐには、薬剤師を専門にしている転職支援サービスサイトに登録をするのが一番でしょう。自分がどういった条件で転職を希望しているのかをキャリアコンサルタントに相談すれば、あなたにベストマッチした求人募集を紹介してくれることになるでしょう。あなたの希望はもちろんのこと、業界での将来性などを加味してくれることにもなるでしょうし、それぞれに持っているスキルや性格的な特徴がありますから、それを加味して、転職先の紹介をしてもらえるというのが、最大のメリットだと言えるでしょう。

薬剤師募集サイト利用のメリット

薬剤師に限らず、転職活動というもので、成功を収めたいと思えば、何に時間や労力を費やさなければ、成功に導けるかを、覚えておく必要があります。個人レベルでの転職活動よりも、近年では自分の就きたい職業に特化した転職支援サイトを利用するのがスタンダ−ドになってきています。なぜこういった流れになっているのか。薬剤師転職支援サービスサイトを利用するメリットは、どういったところにあるのでしょうか。

実は、転職活動のほとんどが情報収集にあてられます。ここで言う情報収集というのは、転職先となる病院や企業などの情報と自分自身の情報のことです。自分だけの力で転職活動をする場合は、この両方の情報を仕事をしながら探さなければならないということになるでしょう。当然に忙しい時期には、仕事だけで手いっぱいになってしまい、時間が取れないでしょうから、転職活動が長期化するなんてことは避けられないと言えるでしょう。

せっかく余裕がある時期にある程度の情報収集が行えても、繁忙期を迎え、これが終わるまでと転職活動をストップすれば、以前に集めた情報も記憶から忘れ去られてしまい、また1からの情報収集を行うということになる。これではいつまでもズルズルと、転職活動が長期化していってしまい、最期にはやる気もなくなってしまったり、面倒だなと思ってしまったりすることになります。

転職支援サービスサイトを利用するメリットのひとつが、この時間短縮にあります。時間も労力もはっきりいって有限ですからね。転職支援サービスサイトを利用すれば、圧倒的に自分の時間を作り出すこともできますし、労力の負担の格段に減ることになるでしょう。転職先の情報は、自分自身で探すよりも、より広範囲であり、深いところまでの情報を、転職支援サイトは保有していますから、転職先の情報を自ら探す必要はありません。強いて情報収集をするという作業があるとすれば、支援サイトから提示された転職先情報の中から、自分にマッチしていると思われる情報を選定する作業だけになります。この点に関しても、専任のキャリアコンサルタントに相談をすることによって、あっさりと解決できるものでしょう。

こういった情報収集も然ることながら、常に変わる情報を最新のものに更新させたり、業界の最新情報を入手するという作業もなかなかに骨が折れます。それに退職手続きや、新しい転職先への提出書類の作成等々を代行して行っていくサービスもほとんどですから、これらのメリットはかなり大きいと言えるでしょう。まずは上記のランキングなどをチェックしてみて下さい。