トップページ > 病院の薬剤師の募集

薬剤師の資格を取得した場合、高い志をもって、病院薬剤師になりたいと思う人間も多いことでしょう。現在における病院薬剤師の募集状況は、どういった現状になっているのでしょうか。

まずは病院で働くことのメリットを認識しておきましょう。まずは、入院患者の人々と直接にコミュニケーションをとることができるということ。入院患者の回復状況を目の前で見ることができる。薬学に関しての専門的な知識をフルに活用することができる。医師及び看護師などと共動して仕事ができ、チーム医療のなんたるかを学ぶことができる。カルテを見ることができるために、医学的な診療科の知識なども向上し、その観点からも薬学についての理解度が高まるなどでしょうか。

現在の病院薬剤師は、外来患者の調剤などは行わないことがほとんどです。その代わり、入院している患者さんと直接に顔を合わせ、服薬の説明や薬についての相談を受ける機会が多くなります。患者さんと直接コミュニケーションをとっているだけ、感謝の意を示されたり、喜びの声を聞くことができるでしょう。また適切な治療と服薬によって病状が回復していくのを身近に見ることができるので、自分が行っている医療行為を実感することにもなるでしょう。こういった部分に仕事のやりがいを感じる方も多くいます。

ただしデメリットも存在します。薬剤師の中では比較的に年収が低い傾向にあるということ。夜勤であったり時間外労働など、自分の自由になる時間が少ない傾向があること。仕事のやりがいや、評価の基準などを、ただ収入の高さによって判定する人間ならば、はっきりいって病院薬剤師にはならない方が良いと言えるでしょう。また家庭を持ち、家庭と仕事の両立なんてものが何よりも大事という人間も、自由にできる時間が少ないわけですから、おすすめできません。

また病院薬剤師の募集状況ですが、なかなかに少ないというのが現実であり、市場ではあまり目にすることができません。新卒者の募集も、他の調剤薬局やドラッグストアなどに比べると、一般的な媒体ではほとんど見ることができないでしょう。ハローワークであったり、フリーペーパーの転職情報誌、また有料の転職情報誌であっても、ほとんどそれを見ることはかなわないでしょうね。

だとすればどうすればいいのか?それは薬剤師専門の転職支援サービスサイトを利用するのです。独自に所有している非公開求人の中に、病院薬剤師の募集は大量に存在していることでしょう。

>> TOPページで薬剤師の求人に強い転職サイトランキングをチェック!