薬剤師募集サイト > 治験コーディネーターの薬剤師の募集

治験コーディネーターの薬剤師の募集

一般的な薬剤師から、医療機関の代わりに治験業務の一部を受けているSMO(治験施設支援機関)に勤務して、CRC(治験コーディネーター)として活躍している薬剤師は大勢にいらっしゃいます。治験を実施する医療機関の立場から、医師やスタッフへの伝達事項の報告、被験者への治験内容や薬の投薬などの説明・。そしてスケジュールの調整をする。また書類作成や検体処理等により担当医師の指示に従い、医学的判断を必要としない治験業務のサポートを行っていきます。

日本という国は、世界的に見ても、薬品の規制が厳しい国だと言えるでしょう。新しい薬を製薬会社で作っても、それが承認される前に、必ず臨床試験を病院で行う必要があるのです。臨床試験を確実に行い、それによって、安全性や効果などが見られないと、新薬として認証されることはないということなんです。治験コーディネーターという仕事は、この現場に立って仕事をするわけです。

ちなみに気になる年収ですが、治験コーディネーターに転職をした場合、最初の平均年収は300万円前後だと言われています。その後、経験や実力が付き、役職がつけば年収1,000万円を超えるケースも多いですが、一般的な治験コーディネーターの平均年収は400万円前後というのが相場ですね。下積み時代は薬剤師と大差ないのですが、実力次第では年収を大きく伸ばすチャンスのある業界だと言えるのです。調剤薬局やドラッグストアなどの薬剤師が350万円から400万円ほどからスタートするのを考えれば、ちょっと損をしているような気分になるかもしれませんが、上限が明らかにこれらの職業よりも上ですから、「下積み」と割り切って、スキルが上がるまでは我慢のしどころと言えるでしょう。

もしもあなたが現在調剤薬局に勤務をしていて、治験コーディネーターへと転職したいとした場合、求められるのはどういったことなのか。まずは仕事内容から多くの人間との関わり合いになることは必至ですから、コミュニケーション能力の高さは是非とも持っていて欲しいと思われるでしょうね。また薬剤師としての知識はもちろんのこと、仕事をこなしていく中で、被験者であったり、医師との橋渡しをするような存在としてコミュニケーションを図らなければならないことも多いと予想できますからね。特に被験者に対してのインフォームドコンセントは、治験コーディネーターの重要な仕事の一つと言えますよ。

なりたいと思っても実際にどんな人材が求められているのか分からなければ、転職の成功率は必然に落ちるわけです。薬剤師専門の転職支援サービスサイトを利用し、こういった情報を徹底的に収集しましょう。

>> TOPページで薬剤師の求人に強い転職サイトランキングをチェック!