薬剤師募集サイト > CROの薬剤師の募集

CROの薬剤師の募集

薬剤師の転職先として注目されつつあるCROですが、これは製薬会社が新薬開発のために行う臨床試験に関わる一連の業務を代行し、それを支援する医薬品開発業務受託機関のことです。CROは、一般的に製薬会社と契約し、全国の医療機関で実施される臨床試験のモニタリング業務や、回収された症例報告書のデータマネジメント業務、新薬の効果を統計的に検証する統計解析業務など、新薬開発の臨床試験に関わる一連の様々な業務を製薬会社からアウトソーシングし、実施するという業務を行います。臨床試験のスペシャリストとして製薬会社にとって新薬開発には欠かせない存在であり、多くの薬剤師が勤務していることも挙げられます。

CROの仕事内容としては、モニタリング業務である(CRA)。登録・データセンター業務。QC(品質管理)業務。DM(データマネジメント)・統計解析業務。MW(メディカル・ライティング)業務。薬事・コンサルティング業務。PMS(市販後調査)業務などが挙げられます。

実際の募集状況に関して言えば、CROも成長発展しているとはいえ、その企業の数ははっきりいって多くはないわけです。つまりは、他の他業種と比較すれば、圧倒的にその数は少ないと言わざるを得ないわけですね。調剤薬局やドラッグストアなどの圧倒的な数があればいいのですが、そうではない限り、一つ一つの転職先に確実に採用されるような転職活動を行っていかなければ、あっという間に、CROで勤務する道は閉ざされてしまうということになるのです。

一般的にCROは、資格や人間性などではなく、経験を重要視します。特に転職希望の場合には、経験や専門知識が豊富である人間を採用する傾向が強いですから、治験業務のなんたるかもまったく知らないままに、CROで転職をしたいと希望しても、はっきりいって採用されることはないといえるでしょうね。前述で挙げた仕事内容の種類。またその具体的な内容くらいは、頭に入れておきたいところでしょうね。

前述にもあるように、CROの数は限られていますから、一般的な媒体でその募集広告などを見る機会はそうそうないと言えるでしょう。こういったCROの求人募集の多くは、独自の付き合いがある転職支援サービスサイトなどに任せているというのが一般的です。それなりの報酬や待遇が待っている代わりに、高いスキルや専門性が求められる。つまりは買い手市場と呼ぶことができる薬剤師の求人案件だと言えるのですよ。

>> TOPページで薬剤師の求人に強い転職サイトランキングをチェック!