薬剤師募集サイト > ドラッグストアの薬剤師の募集

ドラッグストアの薬剤師の募集

多くの企業の場合、ドラッグストアに勤めると、医薬品販売員としてお客様の症状にあった市販薬を販売する業務と、顧客相談窓口としてOTCやサプリメントなどの情報の相談を行う仕事が中心です。しかし、このところさまざまな業態を展開する企業が増え、調剤薬局併設店では処方箋を専門に調剤する調剤業務であったり、漢方を扱うドラッグストアである場合には、漢方専門員といった業務も存在しています。

さらにはプライベートブランドの開発や研究に携わる開発研究業務もありますし、このところ普及しつつある在宅医療の訪問員まで、配属される部門や企業の方向性によってもその仕事内容はさまざまに存在して言えるのです。

最も募集の多い店舗勤務をみてみると、病院や調剤薬局の職場には薬剤師の人員がある程度確保されているという状況にあります。しかしドラッグストアの場合は、管理薬剤師としての人材を募集している場合がほとんどで、配置数は1店舗に対して多くても数人。少なければたった1人というところがほとんどです。そのため入社当初より責任のある仕事を任されるということになるわけです。管理薬剤師は薬事法に沿って店舗内の設備および医薬品などに気を配って事故が起こらないように監視する義務を負います。薬局に勤める従業員の管理を行なうことも、管理薬剤師の大事な仕事だと言えるのですよ。

しかしながら、ドラッグストアは小売業が中心ですから、それに伴って売り場内のディスプレイを工夫するマネージメント業務であったり、市場の動向を調べて商品の仕入れを調整管理するマーケティング業務を担当する必要があるのです。こういったことを見れば、薬剤師の職能とはまたちがった業務がさまざまに付加されてくるということになるのですよ。

実際にドラッグストアの募集状況なのですが、他の職種の薬剤師と比較しても、沢山の募集を見ることができます。一般的な転職媒体にも、沢山の案件が掲載されていることでしょう。この背景には大手ドラッグストアの経営戦略によるもので、新しい事業展開のために、人材を確保したいということがあるからなのです。

しかしながら情報源が多ければ多いほどに、何を選択していいかわからなくなるものでしょう。こういった場合には、転職支援サービスサイトを利用して、もっと深い情報を収集すべきではないでしょうか。高給という言葉に踊らされてすんなり採用されてしまったのはいいけれど、入社してからの仕事内容が多すぎるということも充分に考えられますからね。

>> TOPページで薬剤師の求人に強い転職サイトランキングをチェック!