トップページ > 学校の薬剤師の募集

学校の薬剤師の募集

薬剤師の就職・転職先の一つとして学校で働くという選択肢もあります。実は学校でも薬剤師が活躍しているということを認識している人間は、何気に多くはないのではないでしょうか。_実は、学校保健法の第16条において、大学以外の学校には、学校歯科医及び学校薬剤師を置くものとする。という法律が定められています。大学以外の幼稚園・小学校・中学校・高等学校と呼ばれる学校施設には、学校薬剤師を必ず置くことが法律によって定められているのです。

学校教育法の第12条において、学生、生徒、児童及び幼児並びに職員の健康の保持増進を図るため、健康診断を行い、その他その保険に必要な措置を講じなければならないと明記されています。このために、学校で働く薬剤師は以下のような仕事を行わなければなりません。

学校保健安全計画の立案。学校で使用する飲用水やプールの水質検査・消毒。水道・プール・給食室など各種施設・設備の衛生管理・指導。教室内の環境衛生検査(温度・湿度・炭酸ガス濃度・落下細菌など)。教室内の照度・照明環境・換気の検査。理科実験などで使用する医薬品や毒物・劇物などの管理指導・検査。保健室の薬品についての使用上の注意や保管方法についての助言・指導。不要薬品の廃棄・処理に関する指導。生徒に対する喫煙・飲酒・薬物の乱用防止などについての啓発・指導などです。これを見ればわかるとおり、任される業務内容は非常に多岐にわたります。学校で生活する学校職員や生徒・児童の健康を守るために、環境衛生や食品衛生などあらゆる観点から学校の衛生管理に携わっていくのです。

学校薬剤師自体は、教育委員会などの学校設置者から任命または委託をされれば、原則として薬剤師資格を持っていれば誰でもなれることができます。しかし実際のところは、まずは市町村の薬剤師会の正会員にならない限り、学校薬剤師になることはできないというのが通例です。公立学校は市町村の教育委員会などが、学校薬剤師の募集から検査までを全て薬剤師会に委任しており、検査器具や検査設備は薬剤師会のものを使用するためです。市町村の薬剤師会の正会員は、薬局の開設者や管理薬剤師など、薬局の各店舗につき1名までと決まっているため、学校薬剤師への転職を実現するためには、まずは現在の勤務先となる薬局で管理薬剤師や薬局長になっている必要があります。

こういった事情も薬剤師の転職支援サービスサイトに登録していれば、把握することができるでしょう。

>> TOPページで薬剤師の求人に強い転職サイトランキングをチェック!