トップページ > 行政機関の薬剤師の募集

行政機関の薬剤師の募集

薬剤師の資格を活かして行政機関へ転職することも、選択肢の一つとして存在します。行政という名のつく機関ですから、つまりは公務員の職種になり、その公務員の中の薬剤師という位置づけとして働くことになります。薬剤師の就職・転職先としては、かなりマイナーな部類ではあります。しかし公務員として安定した環境の中で、薬剤師の資格を活かした仕事ができるというメリットが、行政機関の薬剤師の魅力です。

薬剤師が活躍している行政機関としては、以下のような職場が挙げられます。保健所、研究機関、自衛官、麻薬取締官、薬事情報センター。ざっと挙げるとこんなところでしょうか。また中央官庁であれば、厚生労働省などで働くこともできるでしょう。

それぞれの部署では、水質検査や大気汚染・土壌汚染の状況を調べたりする場合があり、その際には薬品を使用することも出てきます。こういった際には、薬学や化学の知識をもった薬剤師が必要なのです。薬剤師はそうした現場では主導的な立場で業務にあたることになるでしょう。

また保健所に転職することも考えられますね。保健所も行政機関の一つですから、製薬会社が提供する医薬品の検査を行ったり、営業のために保健所の検査が義務付けられている薬局・飲食店などを、薬物を使って調べる際に管理・監視するという立場で活躍しています。

マイナーであるために、どういった仕事をしているのか、まったくわからないという人も多いでしょう。実際にこういった行政機関の薬剤師の案件は、市場ではほとんど見かけることができませんからね。認識度の低さや、募集の少なさから、なかなか知られることがない行政機関の薬剤師ですが、各官庁や都道府県、また市区町村などのホームページなどで人員募集のページを作っていたり、またポスターなどを作成し、市役所などにそれを掲示しているパターンがほとんどでしょう。

こういったことがあるからこそ、募集をしていることすら分からないことが多いのです。時に薬剤師の転職支援サービスサイトに、人材募集の案件が任されていることがありますから、こういったところに登録をしていれば、巡り合うことができる確率は非常に高くなります。誰しもが未経験であることは当然ですから、こういったサイトに登録をし、どうやったら行政薬剤師になることができるかを尋ねれば、しっかりとそれに答えてくれることでしょう。何気に安定した収入と、時間的な余裕が作れ、また仕事にもやりがいを見出すことができる良質な職場だと言えるでしょう。

>> TOPページで薬剤師の求人に強い転職サイトランキングをチェック!