トップページ > 製薬会社・医療品メーカーの薬剤師の募集

製薬会社・医療品メーカーの薬剤師の募集

薬剤師の資格を活かして働く道のひとつとして、製薬会社で働くという方法がありますね。実は、製薬会社は、薬剤師の方にとって人気の就職・転職先の一つとなっています。実際に薬剤師資格の保有者のうち、約15パーセントの薬剤師が、製薬会社で活躍しているという状況にあります。製薬会社の業務には、新薬の開発や製造。また薬品の販売まで多岐に渡るので、当然ながら製薬会社で働く薬剤師の業務にも様々な仕事内容が存在しているということをおぼえておきましょう。

簡単に職種をあげても、以下のようなものがあります。まずは研究職。製薬会社の研究所で、病気が治癒するメカニズムの解明をはじめとした基礎研究。また新薬の開発に向けた創薬の研究。さらにそれらの申請用データを集めるための非臨床試験を行ったり、薬を製造するための技術研究など、様々な研究業務を担当します。非常に人気の仕事ではあるものの、薬剤師資格を持っていれば誰でも就くことができる仕事かといえば、決してそんなことはなく、まさに選ばれし人間の仕事と言えるでしょう。

そして開発職。開発業務は、研究所から上がってきた化合物の臨床試験を統括・担当するのが主な仕事になります。研究段階の薬品を実際に人間に投与したうえで、その安全性や有効性などを分析し、評価するのが開発部門の役割となります。

MR職。日本語では医療情報担当者となります。これは医師や薬剤師に対して、自社で製造した医薬品の品質や有効性、そして安全性などについて情報提供を行うのがメインの仕事内容となります。これを聞くと、それって営業じゃないの?と勘違いする人もいるでしょうが、実際には自社製品の販促活動を行い、医師や薬剤師に医薬品を売り込んでいくということよりも、薬についての情報提供や収集活動を行うアドバイザーと考えましょう。

学術・DI職などです。学術業務担当は、日々アップデートされる医薬品情報を、関連文献や最新の報告書などを基にして常に迅速かつ正確に収集・分類・管理すること。また資料作成や関係者に情報提供、アドバイスを行うのが主な業務です。DI業務は、医薬品関連の文献検索、資料作成、電話等での問い合わせ対応などが主な仕事内容となります。

製薬会社での薬剤師の仕事といっても、これほどの種類があります。こういった仕事内容の情報から、募集状況まで、やはり個人レベルや一般媒体では、情報収集は難しいと言えるでしょう。専門の転職支援サービスサイトを利用する方が、転職活動は格段にスムーズに進むことになるでしょう。

>> TOPページで薬剤師の求人に強い転職サイトランキングをチェック!