トップページ > 薬局の薬剤師の募集

薬局の薬剤師の募集

薬剤師の仕事と聞いて、まず真っ先に思い浮かぶのが、調剤薬局で活躍する薬剤師の仕事でしょう。実際に薬学部を卒業した、新人の薬剤師の多くが調剤薬局での就職を実現しているケースがほとんどですからね。なかなか門戸が開かれていらず、競争率が非常に高い病院薬剤師などに比べると、薬局勤務の薬剤師の募集情報は、非常に多くなっていると言えるでしょう。

調剤薬局で働く薬剤師の仕事は多岐に渡りますが、主に以下のような仕事があります。まずは処方箋の受付、処方箋の監査や疑義照会。調剤。服薬指導。薬歴管理などです。現在の薬剤師の仕事は、医師や看護師などと同様に分業化が進んでいます。ですから、病院への外来患者の調剤や製剤などは、すべてその病院と提携している調剤薬局が担当することになっているのが、現在のスタンダードです。このため、大きな病院の周辺には、いくつもの調剤薬局が存在し、多くの薬剤師を募集しているのです。

調剤薬局で働くメリットは以下のようなものが挙げられます。まずは患者さんとのコミュニケーションを多く取ることができるということです。処方箋薬についての詳しい知識が身につくということ。疑義照会や服薬指導など、まさに最前線で患者さんを見守る役目を担うということ。一人一人やその薬局の顔になることができる。希望に合わせた柔軟なライフスタイルを確立しやすい。多忙ではあるものの、休憩や休日はしっかりと取ることができる。その店舗状況にもよりけりではありますが、年収は比較的に高く、安定している。管理薬剤師になると、かなり高い年収が期待できる。

このようなメリットがある調剤薬局ですから、なりたいという薬剤師は大勢に存在しています。さまざまな薬剤師の転職先の中でも、薬剤師としての医療に携わるという本分もある程度にまっとうすることができるし、年収もそこまで悪くはない。さらには時間の融通なども利くとなれば、人気が集中する理由もわからんではありませんよね。

また調剤薬局の募集情報は、一般的な媒体でも、目にする機会が多く、個人レベルでも充分に転職活動を行うことはできるでしょう。しかしながら、募集案件が多いからこそ、実際にどこにするのかは、選択しづらいとは言えないでしょうか。ただ収入面や勤務時間や休日の消化率だけで決定すると、入職してから後悔することになるでしょう。ですから内情を知ることもできる、転職支援サービスサイトを利用し、候補の転職先の内情を知っておきましょう。

>> TOPページで薬剤師の求人に強い転職サイトランキングをチェック!